まさかりかついで
金太郎
くまにまたがり
おうまのけいこ
ハイシ ドウ ドウ
ハイ ドウ ドウ
ハイシ ドウ ドウ
ハイ ドウ ドウ

あしがら山の
山奥で
けだもの集めて
おすもうのけいこ
ハイシ ドウ ドウ
ハイ ドウ ドウ
ハイシ ドウ ドウ
ハイ ドウ ドウ 



足柄山の金太郎


箱根といえば金太郎


箱根の名物

芦ノ湖元箱根  湖水祭花火  あじさい電車 湖水の小鳥  仙石原山焼き  箱根大名祭 大涌谷ロープ 彫刻美術館 箱根駅伝 民謡箱根八里  箱根天下の剣 童謡金太郎 
 
   
伊豆道の駅 伊東八景 箱根名所巡り 

金時山、仙石原から一気登山、エバンゲリオンの聖地箱根仙石原をご案内します。金太郎伝説、箱根八里の歌

     
昔話 きんたろう 

むかしむかし、あしがら山の山奥に、
金太郎という名前の男の子がいました。
金太郎の友だちは、山の動物たちです。
金太郎は毎日毎日、動物たちとすもうをして遊んでいました。
「はっけよい、のこった、のこった」
「金太郎、がんばれ、クマさんも負けるな」
だけど勝つのはいつも金太郎で、大きな体のクマでも金太郎にはかないません。
「こうさん、こうさん、金太郎は強いなあ。でも、次は負けないぞ」
今度は、つな引きです。
金太郎一人と、山中の動物たちの勝負です。
動物たちの中には、体の大きなクマやウシやウマやシカもいましたが、
金太郎にかないません。
「つな引きも、金太郎の勝ち!」
なんとも大変力持ちの金太郎ですが、強いだけでなく、
とてもやさしい男の子です。

ある日、クマの背中に乗って山道を行くと、谷のところで動物たちが困っていました。
「どうしよう? 橋がないから、向こうへわたれないよ」
「よし、ぼくにまかせておけ」
金太郎は近くに生えている大きな木を見つけると、
「よし、ちょうどいい大きさだ」
と、いって、その大きな木に体当たりをしました。
ドーン!
すると大きな木は簡単に折れてしまい、金太郎がそれを持ち上げて谷にかけると、
あっという間に一本橋の出来上がりです。
「わーい。どうも、ありがとう」
動物たちは大喜びで、金太郎のつくってくれた橋を渡りました。

その後、強い力とやさしい心を持った金太郎は立派な若者になり、
都のえらいお侍さんの家来(けらい)になって、
悪い者を次々とやっつけたということです。

おしまい


 




【お問い合わせ先】

箱根湯本観光協会
電話:0460-85-7751 FAX:0460-85-7753

アクセスカウンター






















UP



 






会津名所巡り  別府名所巡り

このサイトは箱根大好きな七菜海が作成しました
箱根生活2年、日本一観光客が訪れる地、箱根のお役に立てればと作成しました
工房七菜海