箱根登山鉄道

ジョイント切り替え

満開の紫陽花

この絶景が目の前に

 

色鮮やかな紫陽花電車

終着駅強羅

夜の登山電車と紫陽花

青紫の花電車
芦ノ湖元箱根  湖水祭花火  あじさい電車 湖水の小鳥  仙石原山焼き  箱根大名祭 大涌谷ロープ 彫刻美術館 箱根駅伝 民謡箱根八里  箱根天下の剣 童謡金太郎 
 
   
伊豆道の駅 伊東八景 箱根名所巡り 

箱根観光案内 登山鉄道から紫陽花の絶景が観れる、6月、7月の七変化、花祭り、あじさい祭り、箱根山いろどり添えて七変化

箱根登山鉄道沿線のあじさいは、6月中旬頃から開花の時期。
あじさいの咲く時期の箱根登山電車は”あじさい電車”の愛称で親しまれ。
箱根登山電車は箱根の山を登りますが、各地点での標高とともにあじさいの見ごろも7月中旬にかけて
少しずつ上っていき。車窓に触れるほど咲き誇る沿線のあじさいを、ゆっくり走る登山電車からお楽しめます。


※乗車予約が必要なのは全席指定の特別列車「夜のあじさい号」のみです。


箱根湯本駅付近6月中旬から6月下旬宮ノ下駅付近6月下旬から7月上旬強羅駅付近6月下旬から7月中旬.
大平台駅付近6月下旬から7月上旬彫刻の森駅付近6月下旬から7月中旬ケーブルカー沿線7月上旬から7月下旬.
※標高差によりあじさいが咲き始める時期に違いがあるため、7月下旬頃まで楽しめます。
※あじさいの見頃は、天候・気候等の状況により変わります。


あじさい電車は 『昼』 と 『夜』 とでは同じ路線でもそれぞれ違う〝顔〟をもっています。
昼夜ともに全席自由席となっていますので、あじさい電車の『車窓』から、昼と夜の二つの顔をお楽しみください。


昼間のあじさい電車

箱根湯本駅からスタートして大平台・宮ノ下と箱根の山を登っていくコースと、
反対側の強羅駅から山を下って行くコースがあります。また、強羅より更に先まで足を延ばし、ケーブルカーや富士山・芦ノ湖を望むロープウェイに乗車して、箱根の多彩な乗り物を駆使して巡るコースもお薦めです。ケーブルカーから望む箱根外輪山の明星ヶ岳の山並みや、黒たまごで有名な噴煙をあげる大涌谷からの眺めなど、箱根らしいダイナミックな風景を満喫できます。

運行形態昼間の時間帯の箱根登山電車は1時間に4本運行しています。
始発の箱根湯本駅から終点の強羅駅まで、約40分で結んでいます。
※全席自由席


18時半を過ぎて辺りに夕闇が訪れると、箱根登山鉄道沿線はまた違う顔を覗かせ始めます。沿線7箇所のライトアップポイントで、光に彩られたあじさいを観賞することができます。闇夜に浮かぶあじさいの姿は、昼間のあじさいとはまたまるで違う花であるかのように感じられ、幻想的な雰囲気を帯び、車窓に浮かび上がります。


運行形態夜間の時間帯の箱根登山電車は1時間に2~3本運行しています。
始発の箱根湯本駅から終点の強羅駅まで、約36分(宮ノ下駅までは約25分)で結んでいます。
※全席自由席.

※小田原駅始発の登山電車はありません。小田原駅~箱根湯本駅間は、小田急電車の乗入れ車両をご利用下さい。


あじさい電車期間中における大型バス駐車場のご案内

彫刻の森美術館さまのご協力により下記期間中に同美術館の大型バス駐車場を利用させていただくことになりました。
電車にご乗車いただいたお客様をお待ちになる際は、同美術館専用駐車場にて待機いただき(有料)、
お客様には彫刻の森駅で下車後、同館駐車場まで徒歩にてご移動いただくようお願いいたします。
また、彫刻の森駅前の路上駐停車につきましては、道路渋滞の原因となり、
近隣の皆様に多大なご迷惑をおかけすることになりますので、固くお断りさせていただきます。

 

【お問い合わせ先】

箱根湯本観光協会
電話:0460-85-7751 FAX:0460-85-7753

アクセスカウンター








UP



 











会津名所巡り  別府名所巡り

このサイトは箱根大好きな七菜海が作成しました
箱根生活2年、日本一観光客が訪れる地、箱根のお役に立てればと作成しました
工房七菜海