芦ノ湖元箱根  湖水祭花火  あじさい電車 湖水の小鳥  仙石原山焼き  箱根大名祭 大涌谷ロープ 彫刻美術館 箱根駅伝 民謡箱根八里   箱根天下の剣 童謡金太郎 
 
   
伊豆道の駅 伊東八景 箱根名所巡り 

箱根駅伝 関東大学対抗駅伝、正月2日、3日、往路、復路、総合優勝、名選手、伝統の箱根駅伝、大学選抜、

東京箱根間往復大学駅伝競走とは、1月2日と翌3日の2日間にわたって行われる、大学駅伝の競技会(地方大会)である。
関東学生陸上競技連盟が主催し読売新聞社が共催する。箱根駅伝と呼ばれ、その実施については
関東学生陸上競技連盟が定める「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」に定められている


出場校は19校でこのほかに出場校以外の競技者による関東学連選抜チーム
(5年ごとの記念大会では関東学連選抜チームではなく日本学連選抜チームとしての出場可)の参加が認められている
学連チームの出場については内規上はあくまでも「認める」として規定


東京都千代田区大手町・読売新聞東京本社ビル前[3]から、鶴見、戸塚、平塚、小田原の各中継所を経て
神奈川県足柄下郡箱根町・芦ノ湖までの往復で、往路108km、復路109.9km、計217.9km。
1月2日に東京から箱根への往路を、1月3日に箱根から東京への復路を走る。


第1回大会は、アメリカ大陸の継走での横断を実施するための代表選考会という位置付けで、
1920年2月14日に行われた。これは、1912年のストックホルムオリンピックに出場した日本人五輪選手第1号の金栗四三が、
「五輪で日本を強くするには、長距離、マラソン選手を育成すること」と発案したことがきっかけ。
また、学生のための大会ということで、午前中は勉強時間にあてるとして、午後1時から行われた。
第二次世界大戦中に一時中断され、1947年に復活した。


箱根駅伝は、関東学連が主催する地方大会であり、10位以内に入ると全国大会で駅伝シーズンの開幕を告げる
出雲全日本大学選抜駅伝競走に、3位以内に入ると同じく全国大会で大学日本一を決める全日本大学駅伝対校選手権大会
(それぞれ関東代表として出場できる。一般に、出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝を併せて「大学三大駅伝」と呼ばれ、
同じ年度の全大会に優勝すると「三冠」と称され、
大東文化大学(1990年度)、順天堂大学(2000年度)、早稲田大学(2010年度)の3校が達成している。
箱根駅伝は全国大会ではないため、関東学連加盟校以外の大学は三冠を達成することはない。また大東文化大学は復路優勝を、
順天堂大学と早稲田大学は往路優勝を逃しており、箱根駅伝を完全優勝しての三冠を達成した大学は1校もない。


チームエントリーは16名以内で、区間エントリーのチーム編成は正選手10名と補欠選手6名以内
留学生については、エントリー2名以内、出走1名以内に制限されている
現行の16人エントリーになったのは第79回(2003年)からで、背景にはここ数年で体調不良によるブレーキやけがによる
途中棄権などが相次いだことで、主役である選手の健康を最優先した主催者側の配慮。
第82回(2006年)までは区間エントリーの際にメンバーを16人から14人に減らす必要があったが、


第83回(2007年)より区間エントリーでも16人のまま登録することができるようになった。
補欠選手はそれまでの4人から6人に増えた(ただし、後述のように往路・復路の当日エントリー変更は、
従来どおり4人までの変更に限られている)。


【お問い合わせ先】

箱根湯本観光協会
電話:0460-85-7751 FAX:0460-85-7753

アクセスカウンター








UP



 
















会津名所巡り  別府名所巡り

このサイトは箱根大好きな七菜海が作成しました
箱根生活2年、日本一観光客が訪れる地、箱根のお役に立てればと作成しました
工房七菜海