別府芸者 別府花柳界 今も昔も 変わらぬものは別府芸者と湯のけむり 
             



        
      芸は売っても 身体は売らぬ 別府芸者の粋と、気風良さ 九州一の器量よし 話上手で 座敷作法は日本一 


          
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 舞いゆく君の艷姿 いずれがあやめか杜若 小野小町か楊貴妃か


         
満面の笑顔、どこから見てもいい女、水も滴る玉の肌、髪はカラスの濡れ羽髪、声はうぐいす、ほととぎす、欠点ないのが珠にキズ


       
芸道一筋、我が道をいく、別府女性の可憐な姿








UP








TOPへ戻る




このホームページは別府大好きな七菜海が趣味で作成したものです。(別府を勝手に支援する会)