別府温泉八湯、竹瓦、浜脇、観海寺、堀田、鉄輪、柴石、亀川、明礬温泉の八湯




           
別観光TOP  別府湾景観 別府八湯巡り   別府鉄輪地獄巡り  鶴見岳、九重連山  別府のグルメ
アクセスカウンター
別府絶景   別府芸者  展望露天風呂  大分の名横綱 黒田官兵衛  高崎山の猿   うみたまご 大分親善大使  別府鉄輪温泉 








別府温泉の中心


天然の化粧水に浸かったような温泉


家族風呂、露天風呂もある


柴石温泉


鉄輪温泉


観海寺の名のままに絶景温泉


別府海浜砂湯


浜脇温泉





 別府八湯とは市内8つの代表的温泉地の総称、もともと独立した温泉場として栄え、古いものは8世紀初めに遡る歴史を持つ温泉も。

明治時代以降、交通の便がよくなり温泉場の開発も進み、大正時代には現在の8つの温泉地に「由布院」、「塚原」を加えた「別府十湯」
と呼ばれていた。 その後の町村合併等で大正13年に市制施行されるまでに現在の「別府八湯」の名称が定着した。

8つの温泉地は市内全域に点在しているので、同じ市内でも泉質が異なり風景も温泉地ごとに趣があり。
温泉の入浴形態も様々なので一度にいろいろな温泉を満喫することができる。



浜脇温泉

別府温泉発祥の地で浜から温泉が湧き出る様子から「浜わき」の地名が生まれた。



別府温泉

明治に入ると別府湾の築港、日豊本線や別大電車の開通、又、掘削技術の導入等で泉源数、温泉施設・温泉宿とも増加した。
さらに大正・昭和と温泉施設も充実、次第に市街地が拡大されて別府八湯の中心となる。



亀川温泉

江戸時代の豊国紀行に「里屋に温泉有り、塩湯なり里屋村を又亀川村という」と記されていて、
海岸に豊富な温泉が湧出し天然砂湯は亀川温泉の名物であった。
又、その頃は別府の北の玄関として豊前小倉への交通の要衝でもあったため旅人の疲れを癒す湯治場として栄えた。



観海寺温泉

温泉場としては鎌倉時代に発見され、江戸時代の豊後国志に「観海寺に行くには交通は極めて不便だが、
景勝は壮観なので浴客が盛んに訪れている」とあり、海抜150m別府八湯のうちでも一番見晴らしが良い。



堀田温泉

立石の湯から堀田温泉と呼ばれるようになり。豊富な温泉に恵まれていた堀田温泉は、
湯布院・日田あるいは太宰府等へ通じる交通の要衝であったため



柴石温泉

895年に醍醐天皇が、1044年には後冷泉天皇が病気治療のためご湯治されたと伝えられている。
江戸時代に柴の化石が見つかり、「柴石」と呼ばれるようになった。



鉄輪温泉

八湯の中で最も温泉場らしく感じられる鉄輪温泉は、湯煙が立ちのぼり、まさに別府を象徴する景観である。
むし湯が鉄輪の中心地で、狭い道の両側には、多くの共同浴場・旅館・土産品店がひしめいている。
鉄輪独自の入湯貸間旅館も健在で、遠来の入湯客が絶えない別府の代表温泉地である。



明礬温泉

わらぶきの「湯の花小屋」からは白い噴煙が立ちのぼり訪れる人を楽しませてくれる。
江戸時代は「明ばん」の採取地で質量とも全国一、採取事業の隆盛とともに湯治場として発展した。
今は名産の「湯の花」とともにザボン湯も有名で湯の香りと甘酸っぱい香りが鼻孔をくすぐり、肌もつるつるになる









UP



TOPへ