大分名山 鶴見山ロープウェイ 別府の鶴見岳と由布岳 久住高原 九重夢の大橋山並みハイウェイドライブツーリングコース (別府を勝手に支援する会)  


  坊がつる賛歌

作詞 神尾明正 補作 松本マサ夫 作曲 竹山仙史

1.人みな花に 酔うときも
  残雪恋し 山に入り
  涙を流す 山男
  雪解(ゆきげ)の水に 春を知る

2.みやまきりしま 咲き誇り
  山紅に 大船の
  峰を仰ぎて 山男
  花の情けを 知る者ぞ

3.四面山なる 坊がつる
  夏はキャンプの 火を囲み
  夜空を仰ぐ 山男
  無我を悟るは この時ぞ

4.出湯の窓に 夜霧来て
  せせらぎに寝る 山宿に
  一夜を憩う 山男
  星を仰ぎて 明日を待つ

別府絶景   別府芸者  展望露天風呂  大分の名横綱 黒田官兵衛  高崎山の猿   うみたまご 大分親善大使  別府鉄輪温泉 
このホームページは別府の大ファンの七菜海が作成したものです。
アクセスカウンター




TOPへ戻る

























UP



TOPへ




 坊がつる賛歌

作詞神尾 明正 補作松本 マサ夫 作曲 竹山 仙史

1.人みな花に 酔うときも
  残雪恋し 山に入り
  涙を流す 山男
  雪解(ゆきげ)の水に 春を知る

2.みやまきりしま 咲き誇り
  山紅に 大船の
  峰を仰ぎて 山男
  花の情けを 知る者ぞ

3.四面山なる 坊がつる
  夏はキャンプの 火を囲み
  夜空を仰ぐ 山男
  無我を悟るは この時ぞ

4.出湯の窓に 夜霧来て
  せせらぎに寝る 山宿に
  一夜を憩う 山男
  星を仰ぎて 明日を待つ

5.石楠花谷(しゃくなげたに)の 三俣(みまた)山
  花を散らしつ 篠(しの)分けて
  湯沢に下る 山男
  メランコリーを 知るや君

6.深山(みやま)紅葉に 初時雨
  暮雨滝(くらぞめたき)の 水音を
  佇み聞くは 山男
  もののあわれを 知る頃ぞ

7.町の乙女等 思いつつ
  尾根の処女雪 蹴立てつつ
  久住(くじゅう)に立つや 山男
  浩然(こうぜん)の気は 言いがたし

8.白銀の峰 思いつつ
  今宵湯宿に 身を寄せつ
  斗志に燃ゆる 山男
  夢に九重(くじゅう)の 雪を蹴る

9.三俣の尾根に 霧飛びて
  平治(へいじ)に厚き 雲は来ぬ
  峰を仰ぎて 山男
  今草原の 草に伏す


広島高等師範の山岳部部歌が元歌。1952年に九州大学の学生だった作者達が
大分県の九重町の九重連山に囲まれた坊がつるの山小屋で作った替え歌が山の仲間に広まったものです。
九重(くじゅう)連山は大分県西部にある火山群。峰を境に北側が九重(ここのえ)町,
南側が久住(くじゆう)町に含まれます。西部は久住山(1787m)を中心として,
最高峰である中岳(1791m),稲星山(1774m),三俣山(1745m),
また東部は大船(たいせん)山(1787m)を中心として平治岳(1643m),
黒岳(1587m)などの火山が群立し,これらの山々の間に、
山つつじの一種ミヤマキリシマで有名な山間盆地坊ガツル