豊後の国に栄えてきた別府には古今和歌集に藤原定家と式子内親王との恋が歌われ、明治、大正に柳原白蓮、九条武子の句、与謝野晶子が鉄輪の湯けむりを詠んだ素敵な句があります。 
 
 
TOP
 
別府湾
 
別府八湯
 
鉄輪地獄巡り
 
鶴見山ロープウェイ
 
別府A級B級グルメ
 
別府リンク

アクセスカウンター



TOPへ戻る




1000年前に別府の観海寺を舞台に熱い思いの恋物語が古今和歌集に歌われてきました。


藤原定家と内親王の淡い恋の物語が別府観海寺で詠まれました。



明治大正の歌人 柳原白蓮 (あきこ)宮崎竜介、伊藤仁左衛門との愛の物語








明治大正の歌人 九条武子



明治、大正に柳原白蓮と実業家伊藤伝右衛門、駆け落ちした宮崎竜介、九条武子、油谷亀八が赤胴御殿に集い、
後年、別府市民ミュージカルとなり、市民が脚本、演出を手がけ何回も上演されている。




与謝野鉄幹、与謝野晶子も別府の湯けむりの中に湯治宿に滞在し素敵な句を読んでいます。






明治、大正の美人絵画家、竹久夢二と彦乃、晩年別府の地に療養のため逗留していた。

























上へUP





TOPへ戻る




このホームページは(大好きな別府を勝手に支援する会)の七菜海が趣味で作成したものです。