戦死した兵士が数時間前に抱えていた捨て犬を両親が飼うことに。
そのとき誰もが想像できない奇跡」が起こる!!!



2007年、米陸軍に所属する若き兵士、”ジャスティン・ローリンズ”は、イラクに派兵されました。
そのとき彼は、基地のそばにあるポータブルトイレの下で捨てられた子犬を発見しました。
その後、子犬を愛おしそうに抱きかかえる姿は同じ部隊の友人によって撮影されました。



その数時間後、ジャスティンは即席爆発装置により二度と帰らぬ人となってしまいました。
彼が亡くなったあと、ジャスティンの家族は、息子が抱いていた子犬を探し、
自分たちで飼おうと決めました。
米軍の協力もあり、子犬は発見され、ジャスティンの両親と暮らすことになりました。



しかし、話はこれだけでは終わりません・・・。
この話を取材に訪れたテレビ局の撮影した映像には、まさに奇跡の瞬間が記録されていました!!!
米テレビ局ABC放送が、今週の人物として
ジャスティンにまつわる話を聞きに両親の元へと訪れたときのです。
番組はイラクで亡くなったジャスティンの思い出が詰まった写真を公開しました。

そして、両親へのインタビューと共に、
彼と最期のときを、共にした子犬の現在の姿を撮影するという内容でした。
ジャスティンの母親は、この子犬を探してくれるよう米軍に依頼しました。
必死の捜索活動と救出作戦により、ジャスティンが人生の最期に抱いた子犬は無事に保護されました。
子犬は、アメリカにあるジャスティンの実家に届けられ、両親の寵愛を受けました。

「この子犬がジャスティンに最期の喜びをもたらしたのです。
息子が幸せだったのは、写真の笑顔から分かります。
息子に抱かれた子犬は、ほんとうに美しいの一言です。」

と両親は語りました。
すると、ここで奇跡が起きました!!!その様子は動画をご覧ください。



























































           








 飼い主の言うことを聞く躾の仕方、愛犬の伏せ、お手、待てのしつけ方スクール、散歩の訓練のしつけ方、顔舐めをやめさせるしつけ方
アクセスカウンター









  犬はほめてしつける 
効果的な犬のしつけのポイントは、
ムチよりもアメです。
すぐに覚えなくても、叱らずできたら少しオーバー気味にほめること


トイレのしつけ
犬のしつけで、早いうちに教えておきたいのが、トイレのしつけ


無駄吠えのしつけ
犬を飼うときの苦情で一番多いのは、無駄吠え
子犬のうちに、しっかりしつけたいものです。


散歩のしつけと注意点  
快適な散歩を楽しむために、散歩のしつけを
周囲の人とのトラブルを防ぐためには、散歩中といえども、
命令があればすぐに飼い主に従うようにしつけ


甘がみの矯正法  
子犬によくみられる癖ですが、かまって欲しいとき、あるいは、
いたずら心から、むやみにかみついてくることがこれを「甘がみ」と。


留守番のしつけ    
犬は群れを作る動物なので、猫に比べて一人でいるのを寂しがります。
といっても、半日や一日の留守番をさせることができないようでは困ります。 ...


しつけ教室
愛犬のしつけに困ったら、プロの手をかりるのも、ひとつの方法。
最近では、ペットショップでもしつけ教室を開催している所が。


近くの動物病院を探しておく
犬の飼いかた、しつけに関する質問 
犬が食べてはいけないもの
犬種選びは慎重に
トイレのしつけ 早く覚えるポイント
犬の叱り方は無視を徹底すること
うれしょんのしつけ


効果的な犬のしつけのポイントはムチよりもアメです。
すぐに覚えなくても、叱らずできたら少しオーバー気味にほめること


飼い主は、犬にとってのリーダーです。
そのリーダーからほめられることは、とてもうれしいこと


犬にとって、できなかったことを叱られるより、
できたことをほめられたほうが、何倍も早く覚えることができるようです。


良いことをしたときには、「ヨシ」といいながら、
体をさするなどしてスキンシップをたくさんとります。
声のトーンや動作などからもほめられてることが伝わります。


叱るという行為も、しつけをする際には大事
叱るという行為は、とても難しいことでタイミングを誤ると犬はいじけたり、
かむなどの問題行動につながることさえあります。


実際に悪いことをしときにはすかさず無視をします。
無視をするという行動は、犬にとっては、有効な手段です。


主従関係の中で生きる犬にとって、
無視されることは、リーダーから拒否されることと一緒なのでとても効果が


犬を褒めることは思っている以上に難しいことのようです。
大げさに褒めるあまり、犬が飼い主が遊びたがっていると勘違いすることがあります。
褒めるときには、声をかけ体を触るくらいでいい


声のトーンも無理やり大きくする必要はなく、普段話すくらいの大きさで構いません。
淡々としているほうがしつけには効果が。


犬のしつけは、まず飼い主が犬について知り、正しい知識を身につけることが大事。
実践しなきゃ意味がない