能の舞い  和菓子工芸  寺井尚子  津軽三味線  森山直太朗  天城越え  野中沙央里  長山洋子 秋元順子   佐藤仁美 早乙女太一   塩田美奈子  坂本冬美 藤あや子
芹洋子 小泉今日子 夏川結衣  森麻季  風の盆恋歌  川合郁子  アルバム  サファー 祇園踊り   空手道   座頭市 箱根八里  白鳥英美子 阿波踊り 


小泉今日子大好き 勝手にファン倶楽部 このサイトは私的な趣味でKyouko Koizumiを支援する会です














小泉今日子
ヤマトナデシコ七変化

作詞:康珍化
作曲:筒美京平

純情・愛情・過剰に異常
純情・愛情・過剰に異常

ヤマトナデシコ七変化 素顔の方がウソつきネ
ヤマトナデシコ七変化 絵になるネきわめつけ
純情・愛情・過剰に異常
どっちもこっちも 輝け乙女

しとやかな ふりしていても
乱れ飛ぶ 恋心 A ha
内緒 あなたの腕の中
ごめん だれかと比べちゃう
ヤマトナデシコ七変化 からくりの 早変わり
純情・愛情・過剰に異常
あっちもこっちも 恋せよ乙女

どことなく 浮気なとこが
あなたにも 魅力でしょ A ha
恋の振袖 いなせだネ
ひと筋縄じゃ いかないヨ
ヤマトナデシコ七変化 きれいだネ 見事だネ

まわり道 最初の人に
帰る日も あるでしょう A ha
ヤマトナデシコ七変化 ちょっとあなたに できごころ
ヤマトナデシコ七変化 ときめきの 早変わり
純情・愛情・過剰に異常
あっちもこっちも 恋せよ乙女

純情・愛情・過剰に異常
どっちもこっちも 輝け乙女




経歴

神奈川県厚木市出身。厚木市立三田小学校、厚木市立睦合中学校卒業、県立津久井高等学校中退。

1981年1〜3月、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』に出場、石野真子の「彼が初恋」を歌って合格。その石野が当時所属していた芸能事務所(バーニングプロダクション)およびレコード会社(ビクター音楽産業)と契約する。

1982年3月21日にシングル「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。同期に堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、松本伊代、早見優、中森明菜、シブがき隊らがおり、「花の82年組」の一人である。キャッチフレーズは「微笑少女。君の笑顔が好きだ」。

1985年発売のシングル「なんてったってアイドル」は、それ以前のアイドルでは無かったことであるが、自らアイドルと称していることで話題になった。KYON2[1](キョンキョン)の愛称で知られる。

1989年、自身のアルバム『KOIZUMI IN THE HOUSE』で、当時まだあまりメジャー扱いされていなかったハウスミュージックを取り入れたことで話題を呼ぶ。

1995年、俳優・永瀬正敏と結婚したが、2004年に離婚。
2006年公開の映画『さくらん』が離婚後の初共演となった。

2005年に読売新聞の読書委員に就任し、日曜読書面で書評を執筆。豊かな文才を発揮している
同年7月よりテレビ朝日系列で放送されているテレビアニメ『あたしンち』のオープニングテーマ曲が「あたしンちの唄」に変更された。当初のクレジットタイトルには歌手名に「あたし仮面(仮)」と記され正体が隠されていたが、同年8月27日の同番組の放送で正体が小泉と発表された。

2011年公開の映画『毎日かあさん』で、離婚後6年の歳月を経て元夫の永瀬正敏と夫婦役で共演