能の舞い  和菓子工芸  寺井尚子  津軽三味線  森山直太朗  天城越え  野中沙央里  長山洋子 秋元順子   佐藤仁美 早乙女太一   塩田美奈子  坂本冬美 藤あや子
芹洋子 小泉今日子 夏川結衣  森麻季  風の盆恋歌  川合郁子  アルバム  サファー 祇園踊り   空手道   座頭市 箱根八里  白鳥英美子 阿波踊り 
夏川結衣大好き 勝手にファン倶楽部 このサイトは私的な趣味でYui Natukawaを支援する会です。



















夏川結衣
高校卒業後、友人の勧めから福岡でモデル活動をしていたが、スカウトされ22歳で東京に進出
雑誌のモデルなどを経て1992年にドラマ愛という名のもとにで女優としてデビュー
社会派ドラマからラブストーリー、コメディーまで幅広く演じる。役柄は病気持ちなど不幸を背負う役や
母親役が多い。

1997年のドラマ青い鳥で豊川悦司演じる主人公とともに逃避行をするヒロインを演じた。
また、2006年のドラマ結婚できない男では主演の阿部寛とともにコメディーセンスを披露し、
明るく親しみやすいキャラクターを演じた。

女優という職業について、雑誌のインタビューで「20代から30代前半は悩んでばかりだった。気持ちに余裕ができて楽になり始めたのは35歳のころ」

主な親しい著名人は、阿部寛、堤真一、橋爪功、山本未來、鈴木砂羽、永作博美、映画監督の是枝裕和など2010年のドラマ新参者のゲスト出演は「寿司をおごるから出てくれ」と主演の阿部寛から直接オファーされた

本人は自分のことを「不器用で小心者」と言い、人前に出ることをあまり好まないが、近年は所属事務所の移籍などを機にトーク番組などにも出演するようになり、その際に共演者に私生活の様子を公開され、一人で回転寿司、牛丼屋などへ行けることや、姉御肌で明るい性格であることが明らかになった。
また、橋爪功やTBSアナウンサーである安住紳一郎から「熱い人」と評されている。
特に橋爪功は映画「東京家族」の撮影の際、あんた、監督がこの映画にかける意気込み分かってんのって叱られた」と語っている













音楽 寺井尚子 ジェラシー




 寺井 尚子、日本のジャズ・ヴァイオリニスト。

ジャズバイオリンの世界ではステファン・グラッペリ、レイ・ナンスなど、
スウィンギー、かつグリッサンドを生かした演奏が多い中で、
バップの基本スタイルを徹底的にマスターしたと思われる
アドリブを展開しジャズ・バイオリン奏法に新しい解釈を与えた。

神奈川県藤沢市出身。もともとはクラシックを専攻していた。
しかし、腱鞘炎にかかり練習中断を余儀なくされた時に、
ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビイに触発されジャズに目覚める

1988年プロ・デビュー。名古屋を中心にライヴハウスなどで演奏していたところを
中西俊博が聞きつけ、セッション。

1995年に来日中のケニー・バロンと共演し、その縁で彼のアルバム『Things Unseen』(Verve)の
録音に招かれニューヨークへ。(共演:エディ・ヘンダーソン、ジョン・スコフィールド)
1998年に初のリーダー・アルバム(Thinking of You)を発表。
中西俊博の番組「趣味悠々・バイオリンは友だち」(NHK教育・1998年)最終回で客演。
2005年には再びNHK「スタジオパーク」に寺井が出演した時に今度は中西が客演の形で共演。
いずれもガーシュインを演奏した。


2004年3月14日、第18回日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー<邦楽>受賞
2008年1月18日、第33回「南里文雄賞」受賞。
2010年2月26日、初のパリ公演「JAZZ in JAPAN 2010」(ゲスト:リシャール・ガリアーノ、
2010年3月19日、平成21年度(第60回)文化庁「芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)」受賞[2]。
2011年3月2-3日、ルクセンブルク、パリ公演「JAZZ in JAPAN 2011」