民族の誇り、韓国流 嘘八百  名言集

朝鮮民族の誇りは立派な嘘をつけるかどうか、
結果次第では大統領にもなれる

嘘は国技、人を騙すテクニックを磨いてこそ偉人として歴史に名を残す。

嘘は言い続けていけばどんな人でも騙せることが出来る。

嘘には品格のある嘘がある、自国民を騙し、国家を騙し、
相手国を騙しぬくのが、最も特上の品格のある嘘である。

嘘を見抜かれても顔色一つ変えてはいけない、
真面目に真剣に上品に嘘を言うことが出来てこそ民族の誇り、

嘘に相手がひるんだらチャンス、攻めて攻め抜けば金(利権)になる。

謝ったらさらに攻め抜けザックザックと打ち出の小槌にもなる。

韓国には嘘八百はない、ウソ千年、嘘千回万回、舌先三寸チョロマカシ、

恨みは嘘で固めろ、お人よしの日本人は千年憎しみと怨念で攻め立てろ、
利権がいくらでも転んでくる

嘘にもいろんな嘘がある、怒り抜く嘘、大声の嘘、泣き騙しの嘘、
非難中傷の嘘、嘘は世界にまき散らす、バレたら居直る嘘、
高飛車に出る嘘、先手必勝の嘘、
短期決戦の嘘、長期(千年の)計画の嘘、

地位が高いものほど嘘の達人、名人である

三権分立の長になれるのは嘘を隠して上手に嘘をつく人だけなれる

ハングル語は朝鮮民族だけのもの、
古代歴史も現代歴史まで嘘で作れるもの、

子供の教育は嘘と欺瞞、立派な嘘を正々堂々と言える
人間になれるかを教えればいい、

嘘で固めれば顔の口も肛門の口も訳が分からなくなる