12歳の少女が国連の環境サミットで訴えたスピーチが世界中の識者に感動を与え、
これからの未来と地球のために何をして何を残さなければいけないのかを教えてくれた