福島県猪苗代湖の野口英世記念館、世界を舞台に活躍した偉人の素晴らしい資料館です。母からの手紙は涙で読めませんでした。
                 



医学者、野口英世博士は1876年福島県猪苗代町生まれ
一歳の時に囲炉裏で左手に火傷を負ったい、そのため百姓になることができないため、
学問で身を立てて行くために、勉学に励みました。
その結果小学校時代では、著しく優秀な学生が、先生の代わりに授業をするという「生長」になりました。



また、父親が大酒飲みだったのもあり、清作の家は貧乏でしたが、母シカの清作に対する愛情と、
猪苗代高等小学校の先生である小林栄先生の私財を投げ打ってまでの援助があり、
清作は猪苗代高等小学校へ入学することができました。
高等小学校の時、仲間の援助を受け現在の会津若松にある会陽 医院という病院で左手の手術を受けました。
その時、清作は医学の素晴らしさ を知り、高等小学校卒業後、左手を手術した病院、
会陽医院の渡部ドクトルに 弟子入り。
この会陽医院は野口英世青春館と題した資料館となっています。
会陽医院の前にある通りは野口英世青春通りという名で今でも語られています。



「ナポレオンは1日に3時間しか眠らなかった」という口ぐせ
19歳の時、医師免許を取りに行くために上京



「志しを得ざれば、再び此地を踏まず」
という言葉を残しました。

野口清作から野口英世へ
東京に出た野口清作は、会津若松の会陽医院で縁を得た高山歯科医学院(現在、東京歯科大学)の血脇守之助先生の元で医学を学び、わずか20歳という若さで医師免許を取得しました。
当時医学会で世界的に有名であった北里柴三郎を所長とする伝染病研究所の助手となった。



伝染病研究所で
来日中に研究所に訪れたシモン・フレキスナー 博士と知合ったり、
横浜の海港検疫所に派遣中にペスト患者を発見、
隔離するなどの功績により、 清国(現在の中国)へ行くことになったりと、
徐々に世界の野口英世への足掛かりを作っていった。



日本より医学博士の学位を授けられる
梅毒スペロヘータの純粋培養に成功


1913 36 ヨーロッパ各地に講演旅行に行く
1914 37 ロックフェラー研究所正員となる日本より理学博士の学位を授けられる
1915 38 日本の帝国学院より恩賜賞を受ける。
1918 41 エクアドルのグアヤキルに黄熱病の研究に行く。病原体をわずか9日目に発見
1919 42 黄熱病研究のためメキシコに行く
1920 43 黄熱病研究のためペルーに行く
1921 44 ブラウン大学、エール大学よりドクトル・オブ・サイ エンスの学位を授かる
1923 46 黄熱病研究のためブラジルに行く
1926 49 オロヤ熱病原体を発表
1927 50 トラホーム病原体を発表
1928 51 ガーナのアクラで黄熱病の研究。博士自身が黄熱病で逝去


生家がそのまま記念館になっています。


平成天皇 ご夫妻が皇太子の時に野口英世記念館を訪れています。


没後野口英世を称えて記念切手が発行されました。


その功績を讃えて1000円の肖像画になり子供から世界中の人にもその功績が知れ渡りました。


世界の野口英世となっても母親を思う心は変わらず、親思う心に勝る親心


母から最愛の息子に送られた手紙の原文はそのまま記念館に展示されています。


会津に来たらよってください。涙、涙でお母さんの手紙を読めません。


文部省小学校教科書の偉人伝にも記載されています。




UP