弓道女子

剣道女子

空手女子

流鏑馬女子

風神雷神

龍の彫刻

龍の絵画

金剛力士像

女優武井咲

能楽舞台

虎の屏風絵

黒田節 
 
詩吟川中島
 
 母
 
 会津白虎隊

丸窓景色
 

宵待ち草春
 

 竹林応接間

古今和歌集
 

風の盆恋歌

鎧武者

狐の嫁入り

歌舞伎、能、狂言、文楽とは?


能は猿楽(さるがく)と呼ばれ、1881年に政府の有力者が「能楽社」を設立。
これを機に「能」という名前で呼ばれるようになり、
時の権力者の庇護を受けていたのも、能の特徴、

能のテーマは、現実世界の人々や話題がテーマとなる「現在能」と、
亡霊や鬼、神様といった現実世界にはないものをテーマとする「夢幻能」の2種類に分けら
演目は、伊勢物語や源氏物語などの古典から取ることが多く、
その作品の殆どは室町時代までに書かれたもので占められている。
近現代以降に書かれた新しい作品は「新作能」と呼ばれる、



狂言は元々、能と同じく「猿楽」と呼ばれるジャンルだった、室町時代のあたりから段々分かれ今の形になりました

狂言と能の違いですが、能のテーマが古典や神話を題材にしたものが多いのに対し、
狂言のそれは日常の中から人間のおかしさを強調して演じるのが特徴
能と言えばお面を付ける必要があるのに対し、狂言では基本的に、こうしたお面を付ける事はありません。

使う楽器には太鼓や小鼓、笛などが挙げられます。