2015年 9月 
爪肉芽、腫れ、食い込み、陥入爪、再発を繰り返す女子高2の相談




 
爪の弾き方





相談はメールにて自由にどうぞ



Windowsメール Pc等



Googi Gメール




アクセスカウンター
2015年01月10日100万人アクセス
2015年05月28日110万人アクセス
2015年09月03日120万人アクセス
2015年12月08日130万人アクセス
2016年04月04日140万人アクセス




2016年06月


2016年05月


2016年04月


2016年03月


2016年02月


1月検索キーワード4300数


2016年01月


2015年12月


2015年11月


2015年10月


5年間の爪との苦闘してきた16歳
中1から高2まで手術を繰り返した体験
小学5年の男子の陥入爪の体験


2015年09月


2015年08月
8月度アクセス数データ


2015年08月


2015年07月


2015年06月


2015年05月


2015年04月


2015年03月


陥入爪と肉芽の1年の闘病記
hanaさんの体験記録、参考にしてください



2015年02月


2015年01月





2014年12月
陥入爪の勘違いから脱皮、はじき出した
瞬間に痛みから解放



2014年11月


2014年10月


2014年09月


2014年08月


2014年07月


2014年06月
真夜中に食い込んだ爪と格闘
執念と根性で陥入爪を除去、
瞬間に痛みかなくなる



2014年05月
現役の医師の陥入爪弾き出し体験


2014年04月


2014年03月


2014年02月


2014年01月
高一女子が液体窒素で治らなかったのが
クエン酸で治した体験






2013年12月


2013年11月


2013年10月
医療相談担当のベテラン看護師も
治せなかった陥入爪の体験



2013年09月


2013年08月


2013年07月
小5の少年の陥入爪の戦い


2013年06月


2013年05月


2013年04月


2013年03月


2013年02月


2013年01月





2012年12月


2012年11月


2012年10月
現役の医師が手術しても治らなかったのが
弾き出した瞬間に治った体験



2012年09月


2012年08月


2012年07月


2012年06月


2012年05月
アメリカから陥入爪10年の苦悩から
解放された体験



2012年04月


2012年03月
現役の看護師、五人の患者さんの爪を
治してあげた体験



2012年02月


2012年01月





2011年12月
福島県の歯科医院の院長からの
陥入爪体験メール



2011年11月


2011年10月


2011年09月



2011年08月


2011年07月


2011年06月


2011年05月


2011年04月


2011年03月
中1から5年、痛みに耐えてきた体験、
手術を繰り返しても治らなかったのが
完治!体験!



2011年02月


2011年01月






2010年12月


2010年11月


2010年10月


2010年10月


2010年10月


2010年09月


2010年08月
中1から5年間、4回の手術も再発をくり返し、
5年ぶりに運動が出来た女子高生



2010年07月


2010年06月
小6女子が食い込んだ爪を自分で弾き出す

2010年05月


2010年04月


2010年03月


2010年02月


2010年01月


2010年01月






2009年12月
17歳サッカー少年の陥入爪完治の体験


2009年11月


相談はメールにて自由にどうぞ


ヤフーメール アイフォン等



Windowsメール Pc等



Googi Gメール








































高校2年、16歳の女の子が、中1から5年間、、皮膚科、外科、大学病院で手術と治療をしても
再発を繰り返し、青春真っ盛りの明るいはずの人生を辛い思いをしてきた体験です。
多くの人参考になるのではと思い掲載しました。



彩 <s.24
Date: 2015/9/22, Tue 23:15
初めまして。
彩と言います。
東京に住む、現在高校2年生の16歳です。

私は中1の夏からずっと陥入爪に苦しめられてきました。
長くなりますが、私が苦しめられてきた数年の話を聞いてください。

中学の時の部活は陸上部でした。
走るのがツライけど、どうしても陸上が好きで痛い思いをしながら部活をしていました。

この時、近くの皮膚科×2軒、外科×2軒行きましたが、
何も良くならず、医師の紹介で大学病院に行きました。

その先生は、縦に爪を切り、根元の爪の生える原因となる細胞を殺すという方法でした。
その先生がやってくださった、右足の親指の内側のみ、再発しておりません。
しかし、いま思えば症状が軽く、あまり食い込んでいなかったのかもしれません 。

その先生は、すぐに他の病院に行ってしまい、私の担当の先生は変わりました。
(最近、必死になって調べたところ、静岡の大学で教授をしているそうで、医師を続けているのかも分かりません。)

そして、その後に変わった担当医が最悪でした。
初めにチューブ。
これは、家に帰ったらもう取れてました。
入れるのに苦労したのに。
次に、針金、
これも1週間弱で取れました。
取れるだけならよかったのです。
ものすごい勢いで悪化して、麻酔も何回打っても効かなくて、
(私は麻酔の痛みに強い方だったので全ての治療を麻酔をしてからやってました。)
その医者は真っ赤に腫れてるところに麻酔をさしたのです。

言い方がとても大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
この世の終わ りを感じたレベルです。
普段の麻酔でも泣く子が多い中、14歳、15歳の私は耐えてました。
泣かずに何も言わずに麻酔をうってました。

その私が、この世の終わりを感じるほどの痛みだったのです。
そして、悪化。
失望して、その大学病院には行っていません。

それから、近くの外科で応急処置をしていました。
何もしないと歩けない状態になってしまうので、
一時的なことを勧められ、縦に爪をきったり、
リバコメをして、化膿を防いだり、
痛み止め化膿止め、その他、4個くらい毎日薬を飲んでました。

私自身、一時的なものと捉えていたので、その病院のことは悪くは思っていません。
でも、なにかアクションを起こさなければ終わらない。
と思い、2軒目の大学病院へ。

ここでも失望しました。
出されたのは、塗り薬のみ。なんにも処置をしてくれませんでした。

そしてまたいつもの外科へ。
また新しいところを紹介され、都内の陥入爪、深爪等の専門のところに行きました。
高い治療費だけとられ、何にも気持ちを理解してくれず、レントゲンをとったりして終わりでした。

彩さんの現在2015年9月2日の写真です。


爪の根元(母爪)をフェーノル薬で焼き殺し、切ってはいけない角と横を医師の手術で切られ、
切った爪の養分が残された爪に送り込まれ、分厚く、波打って生えてきています。
この切った分の養分が今度は奇形、変形して巻き爪になり、陥入爪となり横に食い込んでいきます。
写真の肉芽は医師が切除し、切った爪が無くなっているのが原因です。
肉芽は切った爪が伸びるまで治りません。
爪の成り立ち、爪の知識、爪の因果関係を知らない医師が、このような手術はするのです。
手術がうまいことと陥入爪を治すこととは別の問題です。
絶対にしてはいけないことをしてしまったの原因で、何年も再発を繰り返します。



そしてまたいつもの外科へ。通院すれど治らず、

人伝えに聞きつけた近所で評判の、、もの凄く痛いけど、治るって有名な外科についに行ったのです。
そこは、4時間で12人しか見れないレベルの診察の遅さ。(内科も兼用してました。)

しかも、夕方17時まで。
平日は学校が終わって急いで行っても間に合わないので、土曜日の昼間に通ってました。
2週間に一回のペースで三箇所(右足の親指の外側、左足の親指の内側、外側)
全て、フェノール法で手術しました。
これで、やっとダンスができるって思ってました。
(高校生になってからダンススクールに通ってます)

1ヶ月後、左足の親指の内側に異変を感じ始め、完全に再発したことが分かり、苛立ち、病院に行きました。
しかし否定されました。
失敗なんて、してないと。

私は医者と大喧嘩してもう二度とこんなところにこない!!!とはっきりいいました。
その医者は、昔よく電話をかけてきては、来い来いと言ってきていたのですが、
あの大喧嘩の後は一度も電話がかかってきていません。

再発した人は1人もいない。
そう言っていたのです。
だから、フェノール法の手術を三箇所 も受けたのです。
結果、再発、おまけに失敗したことを認めない。

ななみさんのブログを読んで納得しました。
私が稀だったのですね。
確かに、一度失敗された人の顔なんて見たくないですもんね、
多くの人があきらめて、病院に再度訪れなかったからこそ、
再発した人はいないと言ったのだと思いました。

何度も手術、切断等を繰り返し、波形になってしまった爪の形。
何度もななめに切られたので、爪の角が今ない状態です。

今日、初めてクエン酸をつけました。
弾き方など、この爪の場合、どうすればよいのか教えて頂きたいです。

長くなってしまい、申し訳ございません。
ななみさんのブログを見て、諦めていたのですが、勇気が出ました。
やれるところまで、やってみた いです。
アドバイス、お願いします。  彩16歳


長い長い爪との格闘でしたね、
私も2年半年、5軒の病院、皮膚科、整形外科、形成外科を転々としても再発を繰り返しました。
爪の知識、爪のことを熟知した医師に会うことはありませんでした。

なぜ?どうして?治らないのですか?再発するのはなぜですか?なぜ?食い込むのですか?
なぜ?どうして?素朴な質問をすると怒り顔になり、
ブスッとして口も利かなくなる医師がほとんどでした。
再発するたびに心が折れました。
靴も履けず、歩くたびにつまずき、激痛、転倒して捻挫、擦り傷、辛い思いをしました。
あなたのメールを読んで、大変な思いをしてきたのが手に取るよう に伝わってきます。

食い込んだ爪は絶対に横は切らないこと、切れば100%再発します。
切った爪の養分が残された爪に送られます。
分厚く、波打ち、奇形、横への食い込み、巻き爪になります。
医師は爪の知識を持たずに治療、手術をしています。
来院しなくなれば、完治したものだと次の患者さんに次から次へと同じ治療をします。
このサイトに120万人もアクセスしてきています。
爪がなんたるものか!!爪の知識、対応できる能力とチエがあれば自分で治せます。

食い込んだ爪は切らずに弾き出すこと、肉芽はクエン酸で治ります。
爪と闘ってきたあなたなら理解できます。
どうぞ、行き詰ったらメ ールしてください。

この体験記は多くの人の参考になります。
これからどれでけの人が勇気付けられ励まされるかです。






vivie
Date: Mon, 12 Oct 2015 23:27:06 +0900
【子爪除去成功】 感動の御礼!
はじめまして。
7月頃から約3ヶ月程、痛みと戦ってきた者です。
きっかけは、テレビを見ながら足の爪を切っておりついうっかり深爪してしまったことでした。
仕事柄、ヒールを履いて歩き回るので足の指先に圧力がかかるのも手伝って(?)、
気づいたら肉芽が出来ておりました。
靴を履くのも激痛で、幅広の靴を買いしばらくの間はヒールのない靴で過ごしておりましたが、
やはりヒールを履かざるを得ない時もあり、常に痛みと戦っておりました。
病院に行く時間もなかったので「肉芽にはクエン酸」というネットの情報を元に、
クエン酸の痛みとも格闘しながらお風呂上がりに治療に励んでおりました。
肉芽は若干良くなったものの、いつまでたっても痛いんです。

時々ヒールを履くのが原因、と勝手に決め付けて
クエン酸治療を続けていたのですが、
ある日こちらのサイトにたどり着きました。
隅々まで読んで、皆様の格闘記録を拝見し、
痛々しい画像を見るのは辛かったですが
私の症状と一致しているとすぐに気づきました。
鋭利な細いものが爪楊枝しかなかったので、爪楊枝を恐る恐る入れてみても、
肉芽の炎症が痛く、半泣き状態。
爪楊枝でほじってみても角質のようなものが出てくるだけで、
「きっと私の場合は原因が違うんだ」と謎の思いこみをしていました。

今考えると、弾くということを理解できていなかったんですね。
とある夜、再びこのサイトを見て皆さんの頑張りに勇気を頂き、
お風呂上がりに弾いてみることに。
すると、ポロリと小さな爪がでてきたのです!

それは明らかに今まで出てきた角質とは異なる、固い爪でした。

触れるだけであんなに痛かったのに、
子爪が取れてからは信じられない程痛みが引きました!
しばらくは教えを守り爪を伸ばし、
快適に過ごしていたのですが、
なんとなく肉芽とまではいかないものの炎症ができてきました。
弾いたんだから、もう私には関係ない。
小さな傷口からばい菌でも入ったのだろうと、
消毒をして過ごしていたのですが、
少しずつ炎症は大きくなっていきました。
爪を押すと痛かったので、心の中ではまた子爪かもとは分かっていたのですが、
弾く時に炎症部分に触れる痛みを思い出すと勇気が出ず、
陥入爪とは違う、と思い込んで放置してしまいました。
また触れると痛い状態に後戻り。
意を決して(連日連夜再びこちらのサイトを訪れ、
皆様の頑張りに勇気をいただいて)お布団上がりに弾きました。

初日に右足指の左側の小さな爪の除去に成功。
3日間かけて、問題の右側の原因の子爪(陥入爪)を発見。
爪の横が炎症していて、弾くのも激痛でしたが
泣きながら30分程かけて弾くのに成功しました!!!
今は爪を押しても全く痛くないです。
久々の爽快感に、感謝してもしきれないです。
このサイトから、沢山の勇気を頂き、
快適な足を取り戻すことができました。
もしまた子爪が横向きに生えてきたとしても、
弾くことを恐れずに頑張ります。
御礼をお伝えしたく、経験談と成果物(笑)を添付してメールをお送りします。



ありがとうございました!


写真とメール嬉しく拝見しました。
治りましたー、このようなメールが来るたびに晴れやかな気持ちになれます。
よく、勇気を出して弾き出せましたね、
爪を弾き出すということを理解することも、
弾き出して取る?ということを納得することにも、
多くの皆さんが躊躇と、行動を起こすまで時間がかかります。
せっかくこのサイトを訪れても、病院に駆け込み横を切除されて
1週間ほど((治ったー))と喜んだのもつかの間、再発を繰り返している人もいます。
爪を弾き出して取らなければ治らないのだということを教えてくれる体験記です。
多くの人にインパクトを与え、参考になると思います。
この体験記を読んで勇気をもらえる人がいます。





Date: 2015/08/30 23:03, mtam.

小学校5年の息子の足について
こんばんは、はじめまして。

初めてメールさせていただきます。
小5の男の子の母です。 早速で申し訳ありませんが、まずはいきさつを説明させて いただきま す。
先月末に息子の足の爪がかけてしまい、つい深く切ってしまいました。
翌日少し赤くなっていたので、ゲンタシンを塗っていたのですが、
学校でプールに 入って帰宅する と腫れあがっ ていて、
次の 日には肉芽が出ていま した。 
↓7月31日


 
私は肉芽を見るのが初めてで驚いたのですが、
とりあえず翌日近くの整形外科に行っ たところ、
爪 を縦に切るしかないけれど
11歳にはかわいそう なのでとりあえず様子みますかと言われ帰宅しました。 
自宅でゲンタシン、リバーシップを張っていましたが、
みるみる腫れあがり周りの皮膚も ふやけた感じになり、
怖くなり救急へ行くと、
ふやけた周囲の皮膚の下に膿があると いけないとい うことではが され、
看護婦 と私と3人がかりで抑 え込み痛みに号泣でした。
週末明けに違う整形外科を受診しました。
今度の先生は内服の抗生物質とゲンタシ ンで様子をみ ましょうとい うことで、
切ったりするのはなるべ くせずに様子をみましょうということでした。 
その時点で、私は正直、すぐに治るだろうとあまり深刻には考えていませんでしたが、
七奈海さん のHPをみて、切られずに本当に良かったと思います。 
でも、夏休みなこともあっ て朝昼晩と処 置していまし たが、
2週間 経ってもいっこうに回 復した様子もなく、
だんだん不安に襲われ真夜中に寝付けずネットで調べて、
こちらの七奈海さんのHPを拝見し、
早速翌日、息子を説得し試みま した。
上の写真より肉芽が肥大しており、
なかなかうまく見えないのですが、その後数回、爪をはじいてい ます。
10日 ほど経ちます が、まだあまり回復せ ずです。  

↓8月30日



毎度はじくことにもクエン酸にも涙しながら耐える息子がかわいそうで
胸が苦しくなります。
七奈 海さんの方法 を信じて続け ていますが、
やはり、 不安で毎日何度も読み漁っては落ち着き、
また不安になり。。。の繰り返しです。 
ひょうそというものであれば、体の奥に感染するというものも目にして、
大げさに不安になったりもしてしまい今度は皮膚科にいくべきなのだろうかとも悩んでいます。 
今日の時点で、爪を上から押しても痛みはありません。 
でも腫れが引かないということは、あるのかもしれな いと、
奥まで 楊枝を入れてもう一度 はじきました。 
クッションを抱きしめながら耐えていました。
他の方々のような目に見える破片はなく、
細かなものは爪の破片なのか肉なのか皮なのかわかりません。 
私のみたかんじでは、爪が食い込んでいるようにはみえない のですが。。
なぜ腫れがひ かないので しょう。

学校が始まり、動くことが多くなるとはやり肉芽のところが出血しているようです。  
できればずっと楽しみ にしていた2週間後のキャンプも行かせてあげたいのですが、
富士山を登ってキャンプなのでこのまま治らずでは無理なのかなと危惧しております。 
たくさん同じようなことでご相 談を受け、大変なこととご拝察いたしますが、
メールさせていただきました。 
長々 と読んでいた だき、ありが とうございました。
忙しい中、申し訳ありませんが、アドバイスいただけると幸いです。 
よろしくお願 いいたしま す。


爪を切りすぎたのが原因の肉芽です。
写真のように大きくなった肉芽はなかなか治りません。
クエン酸を付着させるとリンパ液が大量に肉芽から出てきます。
リンパ液の抽出により肉芽は活性化します。
リンパ液はばい菌を押し出し、リンパ液の中には皮膚を蘇生させるDNAが含まれ ています。
クエン酸を付着させて我慢できなければ洗い流してもいいし、お二人の予定に合わ せてつければ OKです。
肉芽が乾いて黒いかさぶたが出来れば皮膚の代わりになります。
かさぶたは痛みを和らげてくれます。
かさぶたの下で肉芽は縮小し皮膚が形成されます。
時間と日にちがかかりますが、必ず治ります。
爪の上を押しても痛くなければ肉だけだと思います。
お母さんの懸命さに息子さんもよく耐えています。
医者の麻酔は超が付くほど激痛です。
自分で治せます。

深爪、切りすぎ、横のカットは厳禁です。
爪は指先まで伸ばしてください。
日にちの経過で爪の上を押して判断しながら痛みのシグナルが教えてくれているようなら、
弾き出せば治ります。


早急にお返事いただきました、本当にあ りがとうござ います。
息子も頑張ってクエン酸の刺激に耐えています。 
これ以上の麻酔などの痛みを与えるのは可哀そうでならないので頑張りますね。

クエン酸を付けた後、固まるのですが1日で取れてしまいの繰り返しです。
とてつもない暑さの毎日で湿疹等もあるため、シャワーは毎日浴びていました。
ほかの方々の例を拝見しましたが、大丈夫のように思ってきれいに洗っていました。
肉芽の部分は濡れないようにしておいた方が良いでしょうか?
何度もすみません。


クエン酸での治療は時間と日にちがかかるよう思いますが、
これが一番安全で安心です。
治ってみれば早道です。
かさぶたは効果を確認しながらしていけばOKです。
ぬらさないように2~3日貼り付けておくのも、
選択は自由です。
爪は指先と同じくらいに伸ばしてください。
伸びたら平らにカットしてください。
お母さんの爪の知識を身に着けた一生懸命があれば大丈夫です。


度々申し訳ありません 息子の足の件
こんばんは。いつもお返事ありがとうございます。
クエン酸治療を続けておりますが、学校が始まり通常の6時間授業から帰宅すると、
少し腫れがおさまっていた指がまた 腫れあがって いました。 
上靴の圧迫と体育で走ったのが原因だと思いますが、
冷やしながら様子をみています。




教えていただきたいのですが、
その後クエン酸をして黒いカサブタができました。
今までは、カサブタができた後は痛みが和らいでいたのですが、
できた後も肉芽の部分が痛いと言います。
学校から帰宅後は出血したのか傷に当てていたパットも真っ黒になっていますが、
洗い流すとカサブタと爪との隙間から ツユが染み出てきているようです。
これはリンパ液でしょうか? 
肉芽の周囲の肌が赤紫色になっているのがとても気になるのですが、
これは腫れからくる血行障害でいいのでしょうか?
爪のところではなく、肉芽の周囲の痛みが強いようです。
このように少し治まったり、
腫れがぶり返したりを繰り返すものなのでしょうか?

お忙しいところ、質問ばかりですみません。
お返事いただけると、うれしいです。


肉芽の最盛期は痛みもピークです。
息子さんはその頂点にいるのかと思います。
皮膚は表皮、中皮、真皮の三層で出来ています。
爪はこの三層を一枚の爪で補っています。
深爪、切り過ぎ、横の強制剥離をしてしまうと三相の皮膚がなくなるのと同じです。
一気に肉が飛び出した状態を肉芽といいます。
飛び出した肉芽は爪が切る前の正常置に戻るまでかかります。
それはカタツムリの速度です。

レザーメス、硝酸銀、液体窒素、外科手術で行ってもなかなか治りません。
地道ですが、クエン酸でかさぶたが張り付き自然治癒させていくことが遠回りのようでも
確実に治していく療法です。

私も5軒の医院に行きました。が、どの医院でも治してはくれませんでした。
苦しい中でクエン酸に出会い、この世で初めてクエン酸を肉芽につけて、半信半疑の中で3ヵ月かかりましたが、
肉芽が縮小し、完治したときは感動しました。
爪の知識を持ち合わせている医師にはなかなか出会えないのが現状です。
苦しんでいる人のためになればとの思いからサイトを公開しています。
あなたのように苦しんでいる人の手助けになればそれだけで私はうれしいです。


本当にいつも親切なお返事をありがとうございます。
地道に、根気強く治していくしかないのですね。
周囲に医療関係が多いこともあり、色々と話をされては気をもんでしまう次第です。
とはいえ、治療をしても治らずの人がこんなに大勢いるのに、
どうして七菜海さんの治療法を病院で施さないのか不思議でなりません ね。

以前のメールでも話しましたが、学校で15日から2泊3日の宿泊研修があります。
富士山を登山し、1泊目キャンプ2泊目は施設に宿泊です。 
1日目はシャワーのみ、2日目はお風呂となっています。
あと10日程ありますが、肉芽はきっと今とさほど変わらない状態ですよね。
とっても楽しみにしているのですが、足の傷が心配でどうしたものかと悩んでいます。
自分で消毒できればこの状態で参加しても大丈夫だと思いますか?
それとも、かなり悪化する可能性が大きく欠席するべきだと思いますか?
なんとかなるなら、学校での楽しい行事を参加させてあげたいし。。。
これ以上ひどい状態にさせてしまうのなら、可哀そうだけれど欠席する方がいいのか。。。
親の私が判断しなければいけない事なのは重々承知しておりますが、結論をだせずにいます。
こんな事までお聞きして情けなく申し訳ありませんが、
参考までに七菜海さんの見解、ご意見をお聞きかせいただきたく、
よろしくお 願いします。


様子を見ながらお母さんが判断するのがいいのではと思います。
痛みの最初の原因が食い込んだ爪、それを切り過ぎて肉芽になったのですから、
陥入爪に気を付けながら肉芽を治していくことです。
横を切り過ぎてできた肉芽は陥入爪が再発しやすくなっています。
爪のトラブルは大人でも泣けてくるほど痛いです。


こんばんは。 ごぶさたしております。
その後、学校の研修での富士登山、10キロのウォークラリーも出席し、無事に帰宅しました。
キャンプの間、自分でクエン酸の処置をしていたものの、
やはり帰宅後は腫れあがり良くなってきていたものが逆戻りでしたが、
足を引きずりながらも楽しい経験ができたようで良かったと思っております。

学校での宿泊行事ということもあり、
学校から医者の意見は?ということもあって、
初めて皮膚科に受診しました。
腫れぐあい、周囲の赤紫色の皮膚について、
何人も診てきているけれどこんな状態を見たことないなど、
色々と罵倒され正直驚きました。
クエン酸についても、クエン酸をつけてこんなに回復したことを伝えても、
勝手にそんなことをしてひどくしてから来られても
どーだこーだと言われ、
お話にならず、結局のところある程度炎症が治まったら液体窒素と言われました。 
言い合ってもしょうがないので、
とりあえず薬だけもらってきましたが、
抗生物質のクラリスは効いたようでした。 

結局、宿泊研修は、病院のことは学校には詳しく言わず親の判断責任で行かせました。
で、その後、地味にクエン酸をつけながら、治りますようにと日々念じていました。
お陰様で、肉芽もかなり小さくなり、
クエン酸をつけても激痛にクッションを抱えることもなくなり、
走っても痛くないところまできました。

10/11日曜日 カサブタが取れた後↓



10/13火曜日 昨日よりクエン酸のカサブタが固まった後↓



とっても良くなってきたかしら?と思ったら、また少し腫れ。。
でもクエン酸でのカサブタで圧迫されるのか、
カサブタができるとまたボコッと腫 れあがり、
取れるとキレイになってるの繰り返しの様な気がしますが、。。。
これで順調に回復に向かっているのでしょうか?
爪を上から押しても痛みはなく、肉芽の横だけの痛みだと言っています。
今まで爪が伸びてくる過程で、なんだか痛いと言い、
はじくと楽になるを 繰り返してるので、
本人もわかるようなのですが、
そういう痛みはないといいます。
それでも時折はじいていますが、
まだ爪の付け根のところで刺さっている原因があると思いますか?付け根のところを押しても痛みはないといいます。 
こうやって繰り返して治っていくものなのでしょうか?
いつも、不安になった時ばかりのメールで、申し訳ありません。
ご意見いただければ幸いです。


富士登山、出席出来てよかったですね、
陥入爪は食い込んだ爪が原因で激痛になります。
これを切れば100%再発を繰り返します。
再発した陥入爪はさらに根元に食い込んだ生えてきます。
爪の習性を熟知すれば横を切ったり、カットをすることは恐ろしくてできません。
切らずに弾き出して食い込んだ爪だけを弾き出して取ることです。
弾き出せば食い込んだ爪だけが折れて出てきます。
この折れて出てきた爪だけを取ることが爪にダメージを与えない、再発させない療法です。
陥入爪の知識、爪の習性を熟知して治療するのと、
手術がうまくできるのとは違います。
食い込んだ爪は弾き出して取れば治ります!!
肉芽はクエン酸で縮小します。
お母さんが周りの雑音に迷うことなく、しっかり爪の習性を熟知していけば必ず治ります。